おまおのBlog「おまっおモンスター」にようこそ♪

このブログでは各シーズンの終わりや途中で使用したパーティーの公開及び考察、回し方などを書いていきます。 単体考察()も行ってみたいです。
わりと日常系のネタ記事が多くなるかも知れませんが、ご了承ください。
ポケモン関係の記事はtwitterに流します。
このブログの 目的 筆者の目標

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【S2簡易更新】

お久しぶりです。おまおです。
このS2は丁度2200を達成したS14から一年の節目だったので、結果を残したかったのですが新環境でのポイヒガッサの通し方、回し方を会得しきれませんでした。完全に実力不足ですね。
構築がある程度形になってきて最終日に2050からあげるぞ!と意気込んでいたのですがインフルエンザにやられました。運負け。

中盤まではかなりペースがよく、86戦で2064をマークしていたのだが構築が迷走。結局全く異なる構築を終盤には使っていました。

使用した構築は主に三つ。

【ガルミミテテフバシャレボルトスイクン】
序盤に使用2000に到達してサブロムが追いつくまで保存
→のつもりがサブロムが一生1950だったので最終レートになってしまった。
しかしながらポイヒガッサ抜きでの2000到達はORAS S7以来であり、『勝ちにこだわるためにポイヒガッサを使う』必要はなくなったかな、と。そういう意味で成長、収穫のあるシーズンでした。構築はぱみゅさん(@Noc_T_T)から貰ったものなので、エアプの彼に最高レートをささげたく思います。(なお2000ちょっと。)今度は自分でもこの手の構築を組めるようになりたいですね。ぜひ皆様のお力添えをいただければと思います。

【カバドリガッサゲンガークレセドラン】
中盤に勝率よく2064に到達したものの勝てなくなった構築。砂のメタが増えたのとクレセドランがあまりにもうーんみが深かった。クレセリアの凍える風、ドランの岩石はミミッキュの皮をはぎながらS操作して裏につなげられるので6世代よりも需要はありそうだと思っていたが身代わりが流行って起点にされました。

【ガブトルネムドーウルガゲンガッサ】
迷走して迷走してたどり着いた気持ち悪い構築。背のびではガブの代わりにランドが入っていた。トルネロスは正直多分だれにも理解されないので単体考察なども一切する気はないですが、エアームドは結構面白いと思うので今度記事にするかもです。



今期色々試して思ったことは、
道連れの死去によってゲンガーの1-1性能の劣化→ガルーラを取り除きにくくなった
ミミッキュの登場により陽気猫持ちが多い→ガッサが死にやすい型が増えた
→しかし体力満タンから陽気捨て身を耐えられる(ガルーラの下方修正)ので身代わりは残せないが生き残って殺せる
今までギャラとグロスってどう処理しててのか忘れた→鬼火ゲンガー採用してみた→強かったけど弱かった(外し)
カプ・コケコ強くね?→それはそう
コケコ、レヒレの登場できつい並びが増えた
ウルガモスは偉いポケモン。

可能性を感じたのは鬼火ガンガーですね。立ち回りを理解する前に捨ててしまったので。
鬼火祟り目にすることで滅び無しでも今まで通り高耐久草ポケモンを狩れる(バナ)とこ、ガッサを出せないときの立ち回りの幅の増加は魅力的でした。

S3S4はレートに潜りません。仮に潜ったとしても最終の土日月くらいだと思います、個体調達も含めて三日以上はしない予定です。(過去にも一度休止と言ってやめなかったので控えめに宣言しておきます。)
実家にDSを置いてきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://liarliver.blog.fc2.com/tb.php/39-5ef3bd71

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。