おまおのBlog「おまっおモンスター」にようこそ♪

このブログでは各シーズンの終わりや途中で使用したパーティーの公開及び考察、回し方などを書いていきます。 単体考察()も行ってみたいです。
わりと日常系のネタ記事が多くなるかも知れませんが、ご了承ください。
ポケモン関係の記事はtwitterに流します。
このブログの 目的 筆者の目標

【単体考察】ハガネZエアームド

エアームド@ハガネZ 腕白/頑丈
227.png
H244 A84 B92 D124 S4
技 アイアンヘッド、岩石封じ、羽休め、挑発or毒々orステルスロックor吹き飛ばし

基本的に「メガメタグロスでよくね?」となってしまうポケモンであるが、メタグロスにメガ枠を裂きにくい構築(ゲンガーを通すコンセプトの構築など)に自然と組み込みやすい配分になったのではないかと思う。
ゲンガーを選出し、通していく構築にとって(僕の場合はゲンガッサを通すわけだが)相手のスカーフテテフや先発マンムーが厳しいし、死ぬほど誘う。僕はS2通してマンムー入りに1回を除き毎回初手出しされていた。(と記憶する。)

調整意図
A
ハガネZアイアンヘッドでメガボーマンダの特化捨て身タックル耐え調整のテテフ確定一発
ハガネZでマンムー確定
D
テテフの特化サイコキネシス確定二発耐え
B
1舞マンダの捨て身2耐え

大雑把にはこんな感じ。僕は裏のキノガッサの関係で岩石封じを採用していたが、アイアンヘッド以外は構築に合わせて選択だと思う。起点にならない岩石吹き飛ばし、場持ちのいい羽、相手を荒せるステロ、挑発、毒々。
岩石封じの利点は挑発されても相手の起点にならないことでしょうかね。ミミッキュにムドーが強いのもよかった。

先発のテテフがサイキネで突っ張ってきた時点で勝ち、という試合も多かった。
スポンサーサイト

ポイヒガッサオワコン

S15の環境に関して

前期より明らかに

速いスイクン
滅びゲンガー
身代わりクレセリア
挑発ボルト

が多い。

速いスイクン、滅びゲンガー、挑発ボルトは以前から少ないが存在していたため対応に困ることはあんまりないが、これらが組み合わさる、または元から辛い奴と同居しているととたんに勝てない

僕には環境に応じてパーティをカスタマイズする力が欠けており、正直限界を感じてしまった。
結局、たまたま組んだ構築が環境に刺さっていれば勝てるがそうでなければ勝てない、環境に応じてポケモンをカスタマイズできない弱いトレーナーであると自覚する。

土日は大学の都合、月曜6限、課題提出抱えなのであきらめ。もう少し早く始めればマッチしたポケモンを探れそうだったのでもったいない。


以上。(なんだかんだ潜ると思います)

【単体考察】狙いの的ラティオス

おまおです。ガブリアスを使っていて「フェアリータイプがいなきゃ逆鱗で終了なのに!」って思うシーン、ありますよね。他にもルカリオ使ってて「ギルガルドのせいで受けられる!むきー!!」ってなる方も多いと思います。

そこで考えたのが、この奇形。

狙いの的ラティオスだ。

続きを読む »

【環境考察】対面ガブリアス

皆さんお久しぶりです。
ガブリアスの型って結構悩むと思います。

鉢巻じゃないと結構いろんな奴に耐えられて弱点付かれて負けてしまう
でも特化にするとボルトの珠めざ氷に飛ばされるし…
ならスカーフで上を…って考えたらお盆図太いボルトに殺される…


むむむ…
そこで先人は、めざ氷を耐えて殺せばいい。AD鉢巻ガブリアス!を思いついた。
Sに振らなくったって、リザードンは引いてくれるし、引き先のクレセリア、カバルドン、スイクン、みんな飛ばせる!

しかし、環境は変わった。
クレセリアはめっきり減ったし、マンダやマンムーのKPが上がっている。
ADガブの役割はマンムーに上から殴り殺される、そういったものになってしまった。
(そもそもお盆ボルトに上とられるからADガブばれるし、めざ氷2発で死ぬし)

では現環境に最も刺さってるガブリアスって何なんだ…
それが今回紹介する”対面ガブ”だと思っている

続きを読む »

見れなそうで見れるポイヒガッサの役割対象

たまには真面目にポケモン更新

一見択に見えるが、実はそうでもないポケモンたち

読みあい次第で勝てるポケモンたち(赤字)
(ポイヒガッサの個体数の少なさから相手のやることはわりとパターン化されている)


1.鉢巻神速カイリュー
眠らせて身代わりをはるものの、最速起きを連打されると神速が本体にどんどん入ってしまう…
→身代わり後でキノコの胞子連打

起きたらすぐ眠らせることで神速を本体に入れない、PP8なのでいずれ悪あがく

(身代わりが残っている状態でカイリューに対面すればほぼ勝ち。陽気鉢巻でも眠らせられるし、ラムでも身代わり剥いでるターンにラム食わせれば勝ち。)

2.スカーフガブリアス
これも最速起きでつんでしまうように思われる。

逆鱗→胞子→寝ている→身代わり
のあとは胞子をうち、体力が全快するまでループさせる。
その後岩石を打ち、(最速起きされても耐えるので)あとは普通に処理。

3.ラムガブリアス
身代わりが残っている前提。
体力は消耗気味、相手が逆鱗こっちが胞子で絶望か!?
→身代わり連打
逆鱗で混乱させ、ラム消費を待ちます。
(地震を連打してくるガブリアスは強いですが、ポイヒガッサが知られていないためだいたい3回目くらいから逆鱗してきます。逆鱗してこなそうな場合、ゲンガーにでも引いてください)


注)2、3の見分け方
初手で地震をしてきたら3です。スカーフで地震をしても本体に地震しか入らずダメージ痛くないからです。
ラム読ませ地震連打スカーフガブリアスにはまであたったことはないです。

初手で逆鱗してきたら、混乱までは身代わりし続けてアイテムを判別してください。


4.バシャーモ
加速するからS抜けない!!
→TOD
対数有利をキープしてください。身代わりはった状態では胞子のみ選択します。最後のターンに殴るなどしてTOD成立させてください。
裏がすでにカモだけなら、フレドラの自傷ダメージで削れたところに気合パンチでもいいでしょう。
珠バシャーモは自殺しますwラストは身代わり連打すれば身代わりも残せます。

(ちなみに身代わりがない状態で対面しても意地なら択です。守る読み身代わりか、攻撃読みキノコの胞子か。個人的には守ってくる奴が多いので身代わりから入ることが多いです)

5.リザードン
(身代わりが残っていること前提)
これは対策というより傾向ですが…
ニトチャX読みキノコの胞子と、身代わりY読み岩石封じの択

→身代わりYのほうが少ないよね…
基本胞子から打ちます。相手がすでにメガ進化してるなら事はイージーですね。
ちなみに対面からだとXのニトチャを耐えたりするので身代わりなくて対面したら強気に胞子打ってもいい(裏にガブらいるから相手はSあげたいのかな?)

6.メガゲンガー
いくつか無理な型は存在します。

身代わりのこせて死に出しされた場合
→岩石から入る
挑発持ちが辛いのでSを逆転しておく
挑発持ちは挑発、シャドボ、道ずれ@1で、@1がヘドロ爆弾、身代わりなら負けますが、それ以外なら勝てます。
シャドボを一発耐えるので挑発が切れて眠らせればおk(ターン数え間違えてるかも…)

ゲンガナンスのゲンガー
→身代わり読みでゲンガーを出してきます(キャッチして処理するため)
そこに合わせて胞子をお見舞い。ここは読みあいですが。
処理できる体力(眠りターンと滅び1ターン)なら岩石で処理、無理なら寝かせるだけ寝かせて後ろにバック


挑発道連れ
→相手によほど体力調整されなければいつか上から眠らせて勝ちです。
まけることもあります

身代わり持ち
→無理。H167ゲンガーが岩石を確定で耐えてくる。
H159やつなら乱数しだい。大体負ける。

7.ボーマンダ
いくつか無理な型は存在します

ハイボマンダ
→身代わりに合わせて出てきます。そこに胞子を当てましょう。
物理奴でも出てきたりするので、マンダが後ろにいるときは対面してるやつが最速起きしても攻撃を耐えるなら胞子うって大丈夫です。

あ、死に出しされたら100%勝てません
(対面してるやつの攻撃を耐えない場合は岩石封じから入ってSを逆転すれば択を先延ばしにできます。マンダが出てきても胞子を上からたたけるし、居すわられたら物理マンダかな?って考えて対面してるやつをハメ殺します)

身代わりマンダ
→岩石から入ります。
H189以下のマンダの身代わりなら壊せます。(威嚇は解除してください)
Sを下げれたら胞子を打ちます

身代わりなしの物理マンダ
→カモ。身代わり有で対面して負けることはない。威嚇が入っていても気にする必要なし。

(マンダはゲンガー以上に処理しにくいと思う。見せ合いの時点で十分警戒して立ち回る必要がある)

8.特殊ギルガルド(A4振り)
こちらが突破されることはありません。身代わりが影うちを乱数で耐えるので、最後に最速起きされて身代わりが残せないというリスクも少ないです。

9.マンムー
毒毒玉が発動してない状態で、傷をつけてから後出ししてください。
マッパ読み礫、または交換されますのでキノコの胞子。眠らせたら相手の後続次第で身代わりorきあパンor岩石
体力満タンの身代わり有からならつらら4発まで受けられる(陽気)ので相手か最速起き連打マンしなきゃ一発きあパン入れて勝てることも多い(身代わりは残せないので、後続でリザードンとか受けれるようにしとく)
意地っぱの場合は上から胞子が打てるので無問題

10.メガヤドラン
対数が1vs1や買ってるならTOD
気合パンチを搭載することで相手が体力満タンで試合を終了することはない。

11.バルジーナ、エアームド
一見受け切られるが、気合パンチが羽休めの後で入るので読み合いになる
対数有利ならそのままTODできるし、そうでなくても突破できることが多い
挑発むどーはちょっと辛いか?



まだまだいるとは思いますが、ざっと思いついたのがこんな感じ。
また更新できたらします。

なかなか結果残せて中の更新ですが、よろしくお願いします

 | ホーム |